LOUVRE - DNP MUSEUM LAB
LOUVRE - DNP MUSEUM LAB
  • ラボの情報をいち早くキャッチ! メール配信登録はこちら
  • Museum Lab Scenes
  • 東京-パリ:2つのLDML
  • 来館者の声
  • 主催
  • LOUVRE
  • DNP
第1回展 展示内容
テオドール・ジェリコー《銃騎兵》
《銃騎兵》
テオドール・ジェリコー (1791-1824年)
油彩・カンヴァス 101.0×85.0cm
パリ、ルーヴル美術館蔵
テオドール・ジェリコー(1791-1824年)は、西洋絵画史において、フランス最大の画家の一人に数えられます。近代芸術の躍進を告げるその作品群は、ロマン主義の若い芸術家世代に決定的な影響を与えました。ドラクロワもジェリコーを範として仰ぐことになります。
ジェリコーの作品で扱われているテーマは多岐にわたり、その事が、日常生活のリアリズムやさまざまな出来事、人間の運命の浮沈に対する作者の特別な関心を示しています。油彩画においては、暖色やくすんだ色合いによる、ゆったりとして厚みのある力強い筆遣いが活かされています。
無名の兵士を描いたこの《銃騎兵》は、ジェリコー芸術の特徴をきわめてよく表しています。
ページトップ
インタラクティブコンテンツ
テオドール・ジェリコーの《銃騎兵》を見る テオドール・ジェリコーの《銃騎兵》を見る
作品の特徴的な要素をとりあげ、見所をご紹介します。
場所:展示室
《銃騎兵》とその作者について 《銃騎兵》とその作者について
《銃騎兵》が占める位置に重点を置きながら、テオドール・ジェリコーの生涯と作品の概要を紹介します。
場所:ホワイエ
テオドール・ジェリコー (1791-1824) テオドール・ジェリコー (1791-1824)
ジェリコーの諸作品について、歴史的および芸術的背景を説明します。
場所:ホワイエ
銃騎兵像 銃騎兵像
《銃騎兵》を他の肖像画と比較しながら、その特殊性を浮き彫りにします。
場所:ホワイエ
絵画の多彩な見方 絵画の多彩な見方
対話形式で設問を楽しみながら(インタラクティブモード)、あるいは解説つきの番組を見ながら(解説モード)、作品の理解を深めることができます。
場所:ホワイエ
ページトップ
4Kデジタルシネマ
180インチの大画面で、ハイビジョンの4倍という極めて高解像度の映像をお楽しみいただけます。2007年3月10日まで「ルーヴル美術館を楽しむ」「銃騎兵−テオドール・ジェリコー」「ジェリコーとドラクロワ」の3つのプログラムを上映いたします。
場所:シアター
ページトップ
HP掲載画像の無断転載を禁止します。
©2013 Louvre - DNP Museum Lab