アートが私達にもたらしてくれるもの

DNP大日本印刷とアテネウム美術館は、鑑賞手法に心の働きや記憶への作用を反映した美術鑑賞プログラムに取り組んでいます。「世界有数の長寿国」である日本とフィンランドがタッグを組み、超高齢社会における美術館やアートの意味を考えるプロジェクトとして、2019年の完成を目指し開発と実践を行っていきます。
今回のセミナーでは、両国で行った実験ワークショップの興味深いエピソードをはじめ、プロジェクトの中間報告を行います。併せて、アテネウム美術館が企画中の展覧会「北欧のジャポノメニアⅡ」をご紹介し、北欧のジャポニスムに関するパネルディスカッションを行います。2015年に北欧4国を巡回した同展の第1弾は、各国で大変な反響を呼び大きな成功を収めました。
2019年、日本とフィンランドは修交100周年を迎えます。この記念すべき年に向けた2つのプロジェクトを通じて、日本とフィンランド、双方の視点からアートが私たちにもたらすものについて考えを巡らす機会になれば幸いです。

DNP and Ateneum Art Museum have been pursuing together an art appreciation program reflecting on the brain functions response and the emotional reaction to art viewing. The experiment is being developed and conducted both in Japan and Finland, two countries among those enjoying the highest life expectancy in the world, in order to ponder on the role and significance of art and museums in super-aging societies. It is expected to be completed by 2019.
Starting with the above program's interim report, including interesting anecdotes derived from trial workshops held in both countries, the seminar will then focus on another project called “Nordic Japonomania II 1900-1970,” an exhibition under preparation by Ateneum Art Museum. A panel discussion on Japonism in the Nordic countries will follow, as we should be reminded that the Nordic Japonomania I exhibition had gained huge success and received a lot of coverage in 2015 in the four Nordic countries it travelled to.
Both projects are due in 2019, when Japan and Finland will celebrate the 100th anniversary of their diplomatic relations. We hope to offer a good opportunity to think about the contribution of art to mankind from two different perspectives, those of Japan and Finland.

プログラム / Program

  • 開会挨拶 / Greetings by host

    大日本印刷株式会社 常務取締役 北島 元治
    Motoharu Kitajima, Managing Director, Dai Nippon Printing Co., Ltd.

  • ご挨拶 / Greetings

    駐日フィンランド大使 ユッカ・シウコサーリ/Mr. Jukka Siukosaari, Ambassador of Finland

  • 基調講演 / keynote speech

    アテネウム美術館 館長 スサンナ・ペッテルソン/Dr. Susanna Pettersson, Director, Ateneum Art Museum/ Finnish National Gallery

  • Project 1:「フィンランド国立アテネウム美術館 × DNP ミュージアムラボ」 美術鑑賞プログラム
    “Ateneum Art Museum × DNP Museum Lab” Art appreciation program

    講演
    川畑秀明(慶應義塾大学准教授) / Presentation by Dr. Hideaki Kawabata, Associate Professor, Keio University
    プレゼンテーション / Presentation
    サトゥ・イトコネン(アテネウム美術館パブリックプログラム担当)、田中美苗(大日本印刷株式会社)
    Ms. Satu Itkonen, Head of public programs, Ateneum Art MuseumMuseum/ Finnish National Gallery
    Ms. Mina Tanaka, Dai Nippon Printing Co., Ltd.
  • Project 2:アテネウム美術館 「北欧のジャポノメニアⅡ1900-1970」展
    Ateneum Art Museum/Finnish National Gallery
    <Nordic Japanomania II 1900-1970>

    講演
    アンネ・マリア・ペノネン(アテネウム美術館学芸員)
    Presentation by Ms. Anne-Maria Pennonen, Curator, Ateneum Art Museum/ Finnish National Gallery
    パネルディスカッション / Panel discussion
    アンネ=マリア・ペノネン(アテネウム美術館学芸員)、 アンナ=マリア・フォン・ボンスドルフ(アテネウム美術館主任学芸員)
    杉山享司(日本民藝館学芸部長) *司会進行/ スサンナ・ペッテルソン(アテネウム美術館館長)
    Ms. Anne-Maria Pennonen, Curator, Ateneum Art Museum/ Finnish National Gallery
    Dr. Anna-Maria von Bonsdorff, Chief Curator, Ateneum Art Museum/ Finnish National Gallery
    Mr. Takashi Sugiyama, General Manger, Curator's Department, The Japan Folk Crafts Museum
    *Moderator: Dr. Susanna Pettersson, Director, Ateneum Art Museum/ Finnish National Gallery

セミナー詳細

  • 日時

    2018年1月26日(金)
    10:30〜15:30(10:00開場)
    Date: Jan.26, 2018(Fri) / 10:30~15:30 (Door open at 10:00)

  • 場所

    DNP五反田ビル 1Fホール
    Venue: DNP Gotanda Building Hall

    アクセスマップ

  • 定員

    100名(定員となり次第締切とさせていただきます)
    Capacity: First-arrived 100 applications

  • 参加費

    無料・事前予約制
    Free admission, reservation required

終了しました

問い合わせ先

https://museumlab.jp/CGI/jpn/query/send.cgi

DNP ミュージアムラボとは

http://dnp-museumlab.jp/

ページトップへ